Cassandra用 DataStax C/C++ Driver 2.3リリース情報

Cassandra用 DataStax C/C++ Driver 2.3がリリースされました

本リリースからApache Cassandra 3.0をサポートしMaterialized ViewやSchema Metadata といった新機能を利用できます

本リリースのリリース情報は以下になります

[CPP-336] 接続先のCassandra のバージョンを取得できるようにする (新機能)
[CPP-332] Cassandra 3.0のmetadataをすべて利用できるようにする (新機能)
[CPP-331] Materialized Viewのmetadataを取得できるようにする (新機能)
[CPP-321] Secondary Indexのmetadataのサポート (新機能)
[CPP-281] 存在しないKeyspaceに接続しようとした際に”All connections on all I/O threads are busy" メッセージが出てしまう問題の回避 (改善)
[CPP-273] OSX でのインストール先を /usr/local/lib64 から変更(改善)
[CPP-345] FreeBSDでVersionNumber::major/minor functions の名前の問題の修正 (Bug)
[CPP-296]  2のプロトコルでmapでのfrozenを利用した際の問題の修正 (Bug)
[CPP-276] インストールの際に余計はファイルがインストールされてしまう問題 (Bug)
[CPP-340] Whitelist policyで hostnamesは使えないのを明記 (ドキュメント)

詳細についてはブログ(英語)を参照ください こちら